ブラックでも借りれる条件について

全ての金融機関で通用するわけではありませんが、ブラックでも借りれる条件がある金融業者があります。以下でその条件を書いていこうと思います。

お金を借りれる条件は?

ブラックでも借りれる条件の前に、お金を借りれる条件として、以下のようなことが挙げられます。20歳以上で、正社員・アートアルバイトを問わずきちんと働いていること、ブラックになってから返済をきちんと行っていること、連絡を取り合う事が出来るなどです。

この条件を満たすことに加え、『自分に有利な審査基準の金融業者』をリサーチし、そこから借り入れを行うことがポイントになります。

ブラックでも借りれる条件はまず仕事をする事

仕事をしていない状態では借りれることは難しいですが、金融業者の中にはブラックでも審査基準で職種や勤務期間を聞いてこない所があります。

もちろんパートでもアルバイトでも契約社員でも派遣社員でも可能なくらいなので、逆に言えば現在無職でも、派遣登録をすればお金を借りれることが可能となるのです。

こういった独自の審査基準を設けている金融業者の中には、ブラックの人でも審査に通ることができる可能性があります。まとめるとブラックでも借りれる条件として、何でもいいので仕事をしている事となります。

いくつかのブラックでも借りれる条件について

次のブラックでも借りれる条件です。借り入れを行う金融業者は、大手ではなく比較的審査基準が甘い中小規模の消費者金融に絞るとブラックでも借りれる可能性が高まります。

中小規模の消費者金融は「街金」と呼ばれたりもしますが、大手消費者金融では審査が通らない人をターゲットに営業しているのでブラックでも借りれるのです。そして次のブラックでも借りれる条件です。

「利用者の口コミがあるか」「創業年数はどの位か」「ブラックへの融資に積極的か」この点しっかりリサーチして、安全な金融業者を選択するのがブラックでも借りれる条件の大事な要素の一つです。

保険の契約者貸付制度を利用する

ブラックでも借りれる条件としてこのような方法もあります。消費者金融ではないですが、保険の契約者貸付制度を利用してお金を借りれるという方法があります。生命保険などの場合、途中解約すると返金される制度があるところがあります。

例えば数年間かけていた保険の解約返金が100万円以上あれば、約80万円までなら借り入れを行うことが出来るのです。ブラックの方ならこのやり方で借りれる可能性も高まります。このようなブラックでも借りれる条件もあるのです。

保険の契約者貸付制度のメリット

ブラックでも借りれると言っても保険を解約する必要も無いし、保障が不利になることもありません。保険会社や保険の種類によって利息は違ってきますが、年利3~5%くらいが相場です。

月々の返済は不要でお金に余裕ができたときに払える仕組みになっているのもあります。しかしデメリットがあり、保険の契約者貸付は、追加借り入れが出来ないようになっています。

また、将来の資産に手を出してお金を借り入れるということに変わりはないのです。いざ融資を受ける際、ブラックでも借りれる条件としてどのようなことに注意したら良いでしょうか?以下にブラックでも借りれる条件をまとめました。

一度に複数の金融業者に申込みをしない

実はブラックの種類の中には、申込みブラックと言うものがあります。申込みブラックとは、同じ時期に何件もの金融会社に申込をする事です。信用情報機関に金融会社からの申し込みが複数残り、お金に非常に困っている人と言う印象を持たれてしまいます。

そして一時的に申込みブラックと言う事になってしまいます。この申込みブラックになってしまうと、借りれる可能性は極めて低くなってしまいます。同じ時期の申し込みには、2箇所程度までの申込に留めておくのがベストです。

尚、この申込みブラックに関しては、約半年程度でブラックが解除される為そこまで心配する必要はありません。しかしならないに越した事はありません。複数の金融業者に申し込まない、これがブラックでも借りれる条件になってきます。

収入偽装をしない事

ブラックでも借りれる条件で、収入偽装をしないという事が挙げられます。多少多めに年収を記載しても金融機関にはばれる事は無いと考える人は多くいると思います。

しかしだいたいの年齢や勤務している会社のランクそして勤続年数などを聞けばだいたいの年収は分借ります。金融業者の確認事項の中で嘘が最も多いのは年収だと言われているので、そこの部分は一番慎重に確認されると言っても過言ではないでしょう。

これはとても重要なブラックでも借りれる条件です。大事な条件なので確認しておきましょう!

悪徳業者からは絶対借りない

最後のブラックでも借りれる条件です。それは、悪徳業者から借りないという事です。一度ブラックになってしまうと、その信用回復のためにはかなりの時間を要します。

そういった人の弱みにつけ込み営業を行う悪質な業者は沢山あるのでくれぐれも注意しましょう。業者の連絡先が携帯電話番号しか記載されていなかったりする場合は要注意です。

違法な金利で貸付を行っている闇金などからお金を借りてしまうと、恐ろしい取り立てに遭いますし、自分のみならず周囲の人間に迷惑をかけてしまう場合があるので気をつけましょう。

悪徳業者からは絶対借りない、これもブラックでも借りれる条件通してとても重要です。

ブラックでも借りれる条件まとめ

ブラックでも借りれる条件に付いて書いてきましたが、ブラックでもこれらの条件を守り気を付ければ、借りる事は可能です。これらのブラックでも借りれる条件をきちんと守ってブラックから抜け出していきましょう!