ブラックでも借りれる消費者金融について

ブラックでも借りれる消費者金融について書いていこうと思います。現代人にとって消費者金融は、お金を借りるにはなくてはならない金融機関のひとつです。

有名人タレントやテレビCMなどで宣伝している有名な大手消費者金融なら、沢山の人が安心して利用していますし、実際に大手消費者金融を利用している人は多いです。

ブラックでも借りれる消費者金融は存在する?

ブラックでも借りれる消費者金融は、そんな知名度がそこそこ高くて安心して利用できる消費者金融の1つと言えるでしょう。そこで今回は「ブラックでも借りれる消費者金融は本当にブラックでも借りれるのか?!」といった視点から、ブラックでも借りれる消費者金融について掘り下げていきたいと思います。

ブラックでも借りれる消費者金融の新しい魅力やメリットが発見できるかもしれません。だから是非ともこの記事をしっかり読んでみてださいね!!

ブラックでも借りれる消費者金融の審査基準

まずはブラックでも借りれる消費者金融の審査基準についてです。審査基準が甘厳しいのか、甘いのかを知ればブラックの人でも借りれるかどうかを図る事ができるとからです。

一方どの消費者金融でも詳細な審査基準は公表していないので明確な事は指摘できません。しかし、ブラックでも借りれる消費者金融を実際利用した人達の口コミ情報等を分析すると、おぼろげながらブラックでも借りれる消費者金融の審査基準というものは見えてきます。

ブラックでも借りれる消費者金融は規模が小さい

消費者金融には2種類あります。銀行系消費者金融と中小規模の消費者金融です。ブラックでも借りれる消費者金融は、中小規模の消費者金融の部類になってきます。

銀行系消費者金融は、大手の銀行が運営し資金面でも援助している消費者金融の事です。そして、一般的に銀行系消費者金融は、銀行がバックについているので審査は厳しくなると言われています。

ブラックでも借りれる消費者金融は収入があった方がいい

まずはブラックでも借りれる消費者金融について調べてみると、ブラックでも借りれる消費者金融が掲げる条件として「20歳以上69歳以下で安定収入を得ている人」となっている事が多いです。

この融資条件は他の大手消費者金融でも、また中小消費者金融の審査においてもこのような年令制限は、融資の必須条件になっています。

アルバイト・パートでもOK!

もう一つは「アルバイト・パート・派遣社員・自営業者の人でも融資可」となっています。アルバイトやパート、派遣社員や自営業者の人達にも申込み窓口を開いているので、ブラックでも借りれる消費者金融の審査は決して厳しいとは言えないと思います。

これらの事を考えると、ブラックでも借りれる消費者金融の審査では、「年令制限」「安定収入の有無」この2つの点をクリアできれば審査に通る可能性は十分にあると言って良いでしょう。

ブラックでも借りれる消費者金融と総量規制

さらにブラックでも借りれる消費者金融の審査では、重視される点があります。それは、「他社からの借入状況」です。すでに他の消費者金融から年収の3分の1にあたる金額を借りている場合には審査に通るのは難しいです。

なぜなら、ブラックでも借りれる消費者金融は年収の3分の1までしか融資できないという総量規制の対象となる可能性が高いからです。また、複数社からの借り入れがあると審査に通りにくくなるようです。

具体的に「何社までなら大丈夫」と明確に断言する事は出来ませんが、1社くらいなら問題ないでしょう。

やはり基本的にブラックでは借りれないのか?

今までの消費者金融の融資では、必ず個人信用情報機関に過去の金融事故の有無や利用履歴を調べます。そこにおいて返済の延滞を繰り返していたり、自己破産や任意整理、代位弁済等の債務整理をした履歴が認められると、かなり審査に通るのが厳しくなってしまいます。

このように過去の利用履歴に重大な汚点があると、消費者金融の審査にパスするのはとても難しくなってしまいます。過去に返済の延滞や債務整理でブラックであると消費者金融の審査は非常に厳しくなると言う事です。

消費者金融に限らず、大手消費者金融におけるブラック申込者に対する対応は厳しくなるのが普通なのです。なのでブラックになってしまったら、借りれるという事は無いと思って間違いないでしょう。

ブラックでも借りれる消費者金融はある!

しかしながらブラックでも借りれる消費者金融は、それらの今までの常識は関係ありません。ブラックでも借りれる消費者金融は先ほども話したように中小規模の消費者金融になるのですが、ブラックの人達にも積極的に融資を来なっています。

ではなぜブラックでも借りれる消費者金融は、ブラックの人へ融資が出来るのでしょうか?

諦めずにブラックでも借りれる消費者金融を探そう

基本的にブラックの人は、債務整理や自己破産で借金が無い状態または借金が減額されています。ブラックでない人に融資するよりも、借金が少ない人に融資した方がきちんと回収できるという考え方なのです。

そして今日本では、ブラックの人が急増しています。市場が大きい部分に参入していった方が、より大きなマーケットをとれるので参入しているのです。ブラックでも借りれる消費者金融は中小規模の消費者金融を調べていけば案外すぐ見つかります。

ブラックの人達はあきらめずに、ブラックでも借りれる消費者金融を探してみてください!