債務整理って一体何?

皆さんは債務整理というものを知っていますか?銀行や消費者金融のカードローンの借入額が増えてくるともちろん毎月の支払額も増えていきます。そうなると毎月の返済が大変になるし、生活がままならなくなります。生きていくのが大変になってくるのです。そんな状態になってしまった人達を救済する方法、それが債務整理です。

この債務整理はどんな人でも行うことができます。どれだけ借金があってもどんなに収入が少なくても、無職の人でも大丈夫なのです。でもこの債務整理ですが、具体的に詳しく知っている人はあまりいません。なので今回はこの債務整理について詳しく解説していきたいと思います。

債務整理には4つの種類がある

この債務整理には4つの種類があります。任意整理・特定調停・個人再生・自己破産の4つです。これら4つは同じように見えて中身が少しずつ違っています。その人の借金の状況や環境、本人の意向などで選択することが可能です。この4つを詳しく見ていきます。

任意整理とは消費者金融などと話し合いをして支払額を減額することが出来る債務整理の事です。任意整理をすると利息が全てカットされて支払い期間も延びるので、月々の支払いが楽になります。特定調停とは簡易裁判所との手続きをして、消費者金融と話し合いをして支払額を減らすことです。

基本的には任意整理と同じような形ですが、間に簡易裁判所が入るのでスムーズに債務整理を行うことが出来ます。個人再生は裁判所に申し立てをすることによって、元金を大幅に減らすことができるという債務整理です。任意整理と特定調停は利息分しか減らすことはできませんが、個人再生でなら元金を減らせるので、返済がとても楽になります。

最後が自己破産です。これは聞いたことがあるという人が多いのではないでしょうか。自己破産は裁判所に申し立てをすることで借金が0になるという方法です。財産を競売にかけてそれでできたお金を借金返済に当てるというやり方です。自己破産は債務整理の中で一番利用されている方法だと言われています。

債務整理のメリット

この債務整理ですが行うことによって様々なメリットがあります。まず債権者からの督促がストップされます。家族に内緒で消費者金融から借り入れている人も多いと思います。そんな人が返済ができなくなると、家に督促状が届きます。こうなると家族にバレてしまい大変なことになります。そして先ほども言ったように、利息の支払いストップや元金を大きく減額することにより月々の返済を減らすことができます。

返済期間は伸びますが月に10万円も支払っていた人が、月5万の返済になるととても楽になりますよね。借金が増えてしまう原因の一つに浪費をしてしまったりギャンブルが原因だったりすることがあると思います。しかしこれらが原因でも債務整理ができるというメリットもあります。借金を減額するのになぜそうなったかというのは、あまり関係がないのです。

債務整理のデメリット

では次に債務整理のデメリットを見ていきましょう。これはかなり気になる部分ではあると思います。今まで紹介した任意整理・特定調停・個人再生・自己破産ですが、これら一つでも行うとブラックリストに名前が載ってしまいます。具体的にいうと、信用情報機関に事故情報が掲載されてしまいます。

信用情報機関に事故情報が載ると、ローンやクレジットカードの利用ができなくなります。銀行やクレジットカード会社や消費者金融などは新しく申し込みがあった時に、その人に事故情報がないか必ずこの信用情報機関に個人情報の参照を行います。ここで事故情報が登録されていると、絶対に審査に通りません。事故情報が登録されるとクレジットカードの作成ができませんし、今持っているカードも利用できなくなります。

様々なローンも組めなくなりますし携帯電話の分割支払いもできなくなります。これは生活していく上でとても大変ですよね。このブラックリストの期間は正確には決められていませんが、5年から10年と言われています。これだけの期間クレジットやローンを活用ができなくなると生活がかなり厳しくなってしまいます。債務整理にはこれらのようなデメリットがあるので、行う際はかなり考えないといけません。

債務整理は自分でも出来るの?

結論から話すと自分でも出来ます。ただ自分1人で行う場合消費者金融などと1人で交渉するのは大変ですし、最善策を見つけることが困難になります。なので債務整理は専門の弁護士に相談するのがベストです。探し方はインターネットのホームページで検索するとすぐに出てきます。そこで地元などで一番借金問題に詳しい弁護士に相談してみましょう。

相談だけなら無料で行ってくれるところが多いので安心です。債務整理というのは種類も様々ですし、方法や内容も違います。自分に合った選択ができるのはとても魅力的です。一方ブラックリストに載ってしまうという危険性もありますので、慎重に進めていかないといけません。ただ借金が減額されたりなくしたりできる方法として存在するので、借金で生活が苦しすぎるという人はぜひ検討してみてください。